あそこ違和感がある時の対処法とは|あそこの臭いや黒ずみの原因って何?

あまり気にならなかったのに、あそこ臭いが気になり始めたら要注意。
それはすそわきがかもしれません。

 

加えて、あそこ黒ずみが気になる場合は本格的なケアが必要かもしれません。
女性の陰部は男性に比べてデリケートです。

 

黒ずみやすそわきがは遺伝が原因であることも多いです。
しかし摩擦や洗浄のし過ぎなど外部からの刺激によっても症状があらわれます。

 

陰部を石鹸で強く洗うことが刺激になります。
そしてメラニン色素が生成され黒ずみが蓄積してしまいます。

あそこの臭いや黒ずみが気になる時は専用の洗剤でケアする

特に臭いやおりものなどが気になると、陰部をゴシゴシ洗ってしまいがちです。
膣には雑菌から身を守ってくれる良い菌も存在しています。

 

陰部を洗いすぎるとこの良い菌までもが洗い流されてしまいます。
すると性行為や生活のふとしたところで、細菌に感染しやすくなります。

 

臭いを除去し清潔にするつもりが、すそわきがの原因になっていたということもあり得るのです。

 

また、臭いが強く陰部に違和感がある場合は要注意です。
性病や何らかの感染症にかかっている恐れがあります。

 

あそこの違和感やトラブルは間違ったケアの仕方で、更に広がり、悪循環になっているケースがあります。
デリケートゾーンは他の部分に比べ、皮膚が薄く弱い為、出来るなら専用のソープやクリームなどで優しくケアしてあげることが大切です。

あそこの嫌な臭いの原因とは?|すそわきが・性病の可能性も

あそこが嫌な臭いで気になることがあります。
原因はひとつではなくいくつかあり改善方法は異なります。

 

嫌な臭いがする原因には生理、性行為、すそわきが腸内環境が考えられます。
生理の前後のおりもののニオイが気になることがあります。

 

生理前後でもおりもののニオイであれば問題はありません。
しかし不安を感じる場合は産婦人科を受診すると良いです。

 

改善にはおりものシートを使ってデリケートゾーンを清潔に保つことを心がけます。
性行為でも嫌なニオイがする場合があります。

 

性行為によりおりものが臭う場合や性病の可能性もあります。
特に注意したいのは性病の場合です。

あそこの嫌な臭いはケアもできるが不安な場合は病院へ

代表的な病気はカンジダ、淋病、クラミジアです。
おりものが黄色くチーズにようなニオイがある場合は産婦人科を受診します。

 

すそわきがあそこが嫌ななニオイになることはあります。
改善するには手術が必要です。

 

しかし手術以外にもデリケートゾーン専用の石鹸などで清潔に保つとニオイが軽減します。
膣内環境が悪い場合も原因となります。

 

ニオイや汚れが気になってもビデを使いすぎたり、膣内をお湯などで洗うと膣内に必要な善玉菌まで洗い流してしまいます。
善玉菌がいないと自浄作用ができず膣内を酸性に保てません。

 

結果的におりものが嫌なニオイになってしまうのです。
膣内環境の乱れでおりものが臭う場合は膣専用の洗浄器を使って膣内環境を正常にすることが良い方法です。

あそこ(陰部)の臭いはすそわきがが原因?

トイレの後や下着を脱いだ時など、あそこニオイが気になることはありませんか?
誰でも多少の臭いはあります。

 

しかし酸っぱいようなわきが臭がしたら、すそわきがかもしれません。
陰部の構造により、男性に比べ女性に多く発症します。

 

生理期間や性行為の後など、特にニオイが強くなると言われています。
そのメカニズムは、アポクリン汗腺から出る汗が原因とされています。

 

アポクリン汗腺から出る汗には、尿素、アンモニア、脂肪などが含まれています。
皮膚上にいる細菌に分解されることで、臭いが発生すると言われています。

 

あそこが臭っているかもしれないと不安に感じたら、一度チェックしてみましょう。

すそわきがはデリケートゾーン専用アイテムでケアしよう

すそわきがかどうかの判断は様々ありますが、下記のような人に多いといわれています。

 

 耳の中の垢が湿っている

 

 乳首からも腋臭がする

 

 下着が黄色くシミになる

 

 家族にすそわきがの人がいる

 

あそこ臭いが強いと自覚すると自分に自信がなくなってしまうものです。
すそわきがを解消する方法としては消臭効果のある専用石鹸で洗浄し、陰部を清潔に保つことが基本です。

 

ニオイがするからといって、洗浄力の高い石鹸でゴシゴシこすると、陰部を保護してくれている良い菌までもを洗い流してしまいます。
すると逆に、雑菌が発生し臭いやすくなる可能性があります。

 

デリケートゾーンのニオイを除去する専用のアイテムを使用することをおすすめします。

あそこの臭いやおりものが増えたら性病が原因かも?

女性のあそこは男性に比べてとてもデリケートです。
急に臭いや、おりものの量、下着の汚れが気になるようになったら性病の可能性があります。

 

女性のあそこの様々なトラブルやその原因を説明したいと思います。
ホルモンのバランスや体調によって、おりものの量は変化しがちです。

 

しかし酸っぱいようなニオイやカッテージチーズのようなカスがでる場合は
あそこが炎症を起こしている可能性であります。

 

特に性病の場合は自宅でのケアだけでは治りません。
相手にも影響してしまうこともあります。

 

ひどい場合には、不妊の原因になってしまうケースもあるのです。
炎症の原因は様々で、性行為による感染症、生理中の蒸れなどがあります。

あそこの臭いが気になっても洗いすぎはNG

また膣の洗浄のし過ぎによっても、陰部のトラブルが発生してしまいます。
膣の中は酸性に保たれており、雑菌を殺す菌をもっています。

 

しかし、アルカリ性の石鹸でゴシゴシ洗浄すると良い菌までもを洗い流してしまいます。
すると膣内の菌のバランスが崩れてしまいます。

 

免疫力が低下した場合は様々な感染症にかかりやすくなっています。
もしこのような習慣がある人で、あそこ臭いがキツイなと感じたら要注意です。

 

普段から健康な状態の時のおりものやニオイをチェックしておくことがトラブルの早期発見に繋がります。
また洗浄の際は、専用のソープを使うのも効果的です。

自己流では効果なし?あそこの臭い対策は専用の石鹸がおすすめ

あそこ臭いが気になることがあります。
あそこ臭いは正しい洗い方をしないとケアしにくい部分です。

 

ケアが不十分である場合、雑菌が繁殖して嫌な臭いやかゆみなどの原因になります。
雑菌にはカンジダ菌、大腸菌、ブドウ菌などがあります。

 

あそこニオイ対策には洗い方の見直しです。
デリケートゾーンは複雑な構造で、おりものなどの分泌物や垢、尿などで汚れやすい部分です。

 

さらに大陰部にはアポクリン汗腺があり対策をしないとにおってしまうのです。
今まで洗っていたが効果なしという場合は洗い方が十分でなかったということです。

あそこの臭い対策の正しい洗い方とは?

石鹸やボディソープなどを直接塗るのではなく、泡立てて泡で優しく洗います。
顔とは異なりデリケートゾーンは細かい部分に汚れが溜まりやすいです。

 

シャワーで流したり、泡をのせるだけでは汚れは落ちません。
指の腹を使い傷つけないようにしっかりと洗う必要があります。

 

前から順に陰毛、性器部分、最後に肛門の順に洗います。
最後はシャワーですすぎしっかりと洗い流します。

 

デリケートゾーン用の石鹸もあります。
ニオイ対策に重点をおいたものや、刺激が少ないタイプなどもあります。

 

ボディソープを使うと痒みがある、丁寧に洗っているがニオイが消えないなど場合には専用の石鹸を使うことも良い方法です。

あそこの臭い対策はデリケートゾーン専用のソープが効果的

生理中や汗で蒸れた時など、なんとなく気になるあそこ臭い
男性に比べて、女性の陰部はとてもデリケート。

 

キチンとケアしているつもりでも、臭いがきついと感じることはありませんか?
あそこが臭うと感じたら、それは、すそわきがかもしれません。

 

すそわきがは、アポクリン汗腺から出る汗が原因とされています。
そも汗にはアンモニアや脂肪、尿素などが含まれています。

 

そのため腋臭のような、玉ねぎのようなツンとしたニオイなどと表現する人もいます。
このアポクリン腺が発達している部位は、陰部の他に、乳首や脇の下などがあります。

 

日本人の10人に1人の人がその臭いに悩んでいると言われています。
脇の下などは、出先でもさっとケアすることが出来ます。

あそこの臭い対策にはデリケートゾーン専用のアイテム

しかしあそこニオイは、なかなか防ぐのが難しいもの。
では、どのような対策が効果的なのでしょうか。

 

多くの人が、おりものシートをこまめに取り換えるなどの対策をとっています。
しかし意外と使われていないのが、デリケートゾーン専用のソープです。

 

専用でない石鹸は刺激が強すぎる場合があります。
デリケートゾーン専用の方が消臭効果や、保湿効果、殺菌効果、やさしさなどに優れているのです。

 

臭いが気になる人ほど、石鹸でゴシゴシ何度も洗浄しがちです。
しかし雑菌から身を守る良い菌まで洗浄してしまったりして、逆にニオイのもとになっていることがあります。

 

より効果的にニオイを防ぐ為には、デリケートゾーン専用のものを使用しましょう。

「あそこ臭い対策するには|あそこの臭い・黒ずみを本気で対策する!」関連情報